スペイン映画に関する「のうはう!」

ここは「スペイン映画」に関する記事を集めたカテゴリーです。

スペイン映画とは?

スペイン映画は、スペイン国籍を持つ者またはスペイン法人によって製作された映画で、ほとんどの場合、スペイン人映画スタッフと俳優で構成され、主にスペイン国内の映画館等で公開される映画を指す。

スペインでもさまざまな映画が撮影されているが、特徴の一つとしてジプシーを描いた作品や『カルメン』的世界を描いたものなど、海外から見た類型的スペイン像を描いている映画とも言える作品が挙げられる。1970年代まで及んだフランコ独裁政権の影響で、スペイン内戦に関する映画が独裁以後に出てきていることなども特徴に挙げられる。中南米に広がるスペイン語圏もスペイン映画のマーケットの一つであり、近年南米との合作映画も増えてきている。監督アレハンドロ・アメナバール、男優アントニオ・バンデラス、女優ペネロペ・クルスなど、スペイン映画界からハリウッドに進出する者も目立っている。

この国の映画界の権威ある賞として、スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞がある。映画祭としては、サン・セバスティアン国際映画祭が開かれている。

■日本で公開された主なスペイン映画

以下に、各作品の製作年順と監督を列記する。(公開時期とは必ずしも一致しない)

 糧なき土地 (1932) ルイス・ブニュエル(日本公開は1977年)
 愛と王冠の壁の中に (1947) フアン・デ・オルドゥーニャ
 アラゴンの要塞 (1950) フアン・デ・オルドゥーニャ
 汚れなき悪戯 (1955) ラディスラオ・バホダ
 恐怖の逢いびき (1955) フアン・アントニオ・バルデム
 暗黒街は俺のものだ (1956) ロビラ・ベレータ
 鮮血の午後 (1956) ラディスラオ・バホダ
 広場の天 (1957) ラディスラオ・バホダ
 暴力行為 (1959) ホセ・M・フォルケ
 ビリディアナ (1960) ルイス・ブニュエル
 ペロと8人の子供たち (1962) トゥリオ・ディミチェリ
 バルセロナ物語 (1963) ロビラ・ベレータ
 チコチカ (1963) アントニオ・デル・アモ
 ひとりぼっちの愛情 (1964) ミゲルピカソ
 マリソルの初恋 (1964) ジョージシャーマン
 狩り (1965) カルロス・サウラ
 太陽が目にしみる (1965) フアン・アントニオ・バルデム
 愛は限りなく (1966) ミゲル・イグレシアス
 象牙色アイドル (1970) ナルシソ・イバニェス・セラドール
 哀しみのトリスターナ (1970) ルイス・ブニュエル
 愛のアンジェラス (1971) ラモンフェルナンデス
 ミツバチのささやき (1972) ビクトル・エリセ
 赤ちゃん戦争 (1973) マヌエル・スメルス
 真夜中の恐怖 (1973) フアン・アントニオ・バルデム
 雨のしのび逢い (1973) エウヘニオ・マルティン
 赤いブーツの女 (1974) フアン・ルイス・ブニュエル
 悪魔の墓場 (1974) ホルヘグラウ
 人間解剖 (1974) フアン・ロガール
 カラスの飼育 (1975) カルロス・サウラ
 試験結婚 (1975) ペドロ・マソ
 熱愛 (1975) ペドロ・ラサガ
 新・青い体験 (1976) ペドロ・マソ
 ザ・チャイルド (1976) ナルシソ・イバニェス・セラドール
 ドッグチェイス (1977) アントニオ・イサシ
 欲望のあいまいな対象 (1977) ルイス・ブニュエル
 エル・ニド (1980) ハイメ・デ・アルミニャン
 血の婚礼 (1981) カルロス・サウラ
 エル・スール (1982) ビクトル・エリセ
 セクシリア (1982) ペドロ・アルモドバル
 バチ当たり修道院の最期 (1983) ペドロ・アルモドバル
 カルメン (1983) カルロス・サウラ
 グロリア憂鬱 セックスドラッグと殺人 (1984) ペドロ・アルモドバル
 恋は魔術師 (1985) カルロス・サウラ
 マタドール 炎のレクイエム (1986) ペドロ・アルモドバル
 エル・ドラド (1987) カルロス・サウラ
 神経衰弱ぎりぎりの女たち (1987) ペドロ・アルモドバル
 欲望の法則 (1987) ペドロ・アルモドバル
 血と砂 (1989) ハビエル・エロリエタ
 アタメ (1989) ペドロ・アルモドバル
 アンダルシア恋物語 (1989) ビセンテ・エスクリバ
 歌姫カルメーラ (1990) カルロス・サウラ
 ハイヒール (1991) ペドロ・アルモドバル
 マルメロ陽光 (1992) ビクトル・エリセ
 キカ (1993) ペドロ・アルモドバル
 おっぱいとお月さま (1993) ビガス・ルナ
 愛よりも非情 (1993) カルロス・サウラ
 時間切れの愛 (1994) イマノル・ウリベ
 死んでしまったら私のことなんか誰も話さない (1995) アグスティンディアス・ヤネス
 フラメンコ (1995) カルロス・サウラ
 テシス 次に私が殺される (1995)アレハンドロ・アメナバール
 オープン・ユア・アイズ (1997) アレハンドロ・アメナバール
 アナとオットー (1998) フリオ・メデム
 どつかれてアンダルシア (仮) (1999) アレックス・デ・ラ・イグレシア
 オール・アバウト・マイ・マザー (1999) ペドロ・アルモドバル
 蝶の舌 (1999)ホセ・ルイス・クエルダ
 ベンゴ (2000) トニー・ガトリフ
 ジターノ (2000) マヌエル・パラシオス
 サルサ! (2000) ジョイスブニュエル
 惨劇の週末 (2000) アルバロ・フェルナンデスアルメロ
 10億分の1の男 (2001) フアン・カルロス・フレスナディーリョ
 アザーズ (2001) アレハンドロ・アメナバール
 マルティナは海 (2001) ブガス・ルナ
 ウェルカム!ヘヴン (2001) アグスティン・ディアス・ヤネス
 トーク・トゥ・ハー (2002) ペドロ・アルモドバル
 バッド・エデュケーション (2004)ペドロ・アルモドバル
 海を飛ぶ夢 (2004) アレハンドロ・アメナバール
 あなたになら言える秘密のこと (2005) イザベル・コイシェ
 ボルベール〈帰郷〉 (2006) ペドロ・アルモドバル

出展:wikipediaより

スペイン映画に関する「のうはう!」記事(新着順)

【映画】映画の試写会

投稿日:2011年12月21日|投稿者:iorinさん|コメント数(1)

映画の試写会の懸賞に当たるコツ 映画の試写会の懸賞告知を目にすることが多いと思いますが、どうせ当たらないから、と応募しない人も多いと思います。 映画の試写会は一回の試写会に参加できる人数が多く、以外と当選するんです。 当… »続きを読む

映画を見に行くのにお得な日

投稿日:2011年12月20日|投稿者:iorinさん|コメント数(2)

映画を見に行くのにお得な日があります。 映画を見に行くのにお得な日は以下のような日があります。 映画館によって違いますが、多くの映画館で共通だと思います。良く行く映画館のホームページを確認してみてください。 毎月1日:無… »続きを読む

映画館で映画を少しでもお得な料金で観る方法

投稿日:2011年11月01日|投稿者:525525さん|コメント数(2)

映画館で映画を観に行くと1800円の入場料です。いま流行りの3D作品では更に特別料金も発生します、映画館に年間に何回も出掛ける方にはお得な情報です。 手順 チケットショップには映画公開後も前売り券が販売されていて前売り券… »続きを読む

[Movie] movie premiere

投稿日:2011年07月22日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Tricks to win movie premiere sweepstakes I think there are a lot of that to the eye movie premiere sweepstakes… »続きを読む

How to watch movies in theaters charge deals with little

投稿日:2011年07月19日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Go to watching movies in theaters is 1800 Yen admission. Now special price also occurs in trendy 3 work furthe… »続きを読む

Going to movies, deals

投稿日:2011年06月05日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Go to the movies, deals. Go to the movies, deals, like below. Depends on the theater, I think is common in man… »続きを読む

スペイン映画に関連するニュース

スペイン映画に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

スペイン映画に関連する動画

  • 該当する動画はございません