ボサノヴァに関する「のうはう!」

ここは「ボサノヴァ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ボサノヴァとは?

ボサノヴァ(Bp:Bossa Nova)は、ブラジル音楽の様式(ジャンル)のひとつである。ボサノバとも表記されることも多い。なお、ブラジル本国における発音に従うと、ボサ・ノーヴァがより正確なカタカナ表記である。
Bossa Novaの”Nova”とはポルトガル語で「新しい」、”Bossa”とは「隆起、こぶ」を意味する。したがって”Bossa Nova”とは「新しい傾向」「新しい感覚」などというような意味になる。なお”Bossa”という語は、すでに1930〜1940年代に黒人サンビスタなどがサンバ音楽に関する俗語として、他とは違った独特な質感をもつ作品を作る人に対して「あいつのサンバにゃボサがある」などと使い、それらの楽曲を”Samba de Bossa”などと呼んでいた。
1950年代後半、リオデジャネイロのコパカバーナやイパネマといった海岸地区に住む中産階級の学生やミュージシャンたちによって生み出された。ブラジルでのヒットのきっかけは1958年にアントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、ジョアン・ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)のシングルレコードによってである。ただしこの時点ではボッサ・ノヴァという呼び名はまだ生まれていなかった。
サンバやショーロをはじめとするブラジルの伝統的な大衆音楽、特にサンバ・カンサゥン(Samba Canção)を基に、中産階級の若者たちの求めていた心地よく洗練されたサウンド、「新しい感覚」のサンバとして成立した。ボサ・ノヴァをジャズの一種と見るなどさまざまな見方もあるが、少なくとも本来のボサ・ノヴァはサンバの一種であると定義される。その出現はブラジルのポピュラー音楽に大革命を起こし、その後世界中の音楽シーンに大きな影響をあたえた。
なお一口にボサ・ノヴァといってもミュージシャンによってその作風は多様で、例えば公的には上記1958年の”Chega de Saudade”がボサ・ノヴァ第1号といわれるが、それより以前の1953年、ジョビン&ヴィニシウス作品でジョニー・アルフが歌った“Rapaz de Bem”(邦題:心優しい青年)を真のボサ・ノヴァ第1号とする説もある。アルフの場合はジャズに影響された作風を持っているのが特徴で、ジョアン・ジルベルトなどとは明らかにスタイルが異なっていることが理解できる。
1964年にブラジルにおいてカステロ・ブランコ大統領による軍事政権が誕生すると、カエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルなどのトロピカリア・ムーブメントなどにより、愛や自然を歌うものから体制を批判するものに変化していった。

■ボサノヴァの有名な曲

イパネマの娘 (Garota de Ipanema)   リカード・ボサノヴァ (Recado)
カーニバルの朝 (Manhã de Carnaval)  マシュ・ケ・ナダ (Mas que Nada)
おいしい水 (Água de beber)      ウェーブ (Wave)
ジンジ (Dindi)            私のサウダージ (Minha Saudade)
海のそよ風 (Brisa do Mar)

■ボサノヴァ・アーティスト

アントニオ・カルロス・ジョビン (Antônio Carlos Jobim)
アグスティン・ペレイラ (Agustin Pereyra)
ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius de Moraes)
カルロス・リラ (Carlos Lyra)
ジョアン・ジルベルト (João Gilberto)
ジョアン・ドナート (João Donato)
セルジオ・メンデス (Sérgio Mendes)
タンバ・トリオ (Tamba Trio)
トッキーニョ (Toquinho)
ドリ・カイミ (Dori Caymmi)
エドゥ・ロボ (Edu Lobo)
ナラ・レオン (Nara Leão)
ニュウトン・メンドンサ (Newton Mendonça)
バーデン・パウエル (Baden Powell)
ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal)
マルコス・ヴァーリ (Marcos Valle)
ミルトン・バナナ・トリオ (Milton Banana Trio)
ワルター・ワンダレイ(Wlter Wanderley)
グラシーニャ・レポラーセ(Gracinha Leporace)
クアルテート・エン・シー(Qartero em Cy)

出展:wikipediaより

ボサノヴァに関する「のうはう!」記事(新着順)

 1 2 3 4 5 ...22 23 24 次の10件

【座席表】SAYAKAホール 大阪狭山市文化会館(大阪府)

投稿日:2012年01月24日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

SAYAKA(大阪狭山市文化会館)ホールの座席表を紹介します。 SAYAKAホール(大阪狭山市文化会館) 座席表 ●大ホール 概要ページ http://www.sayaka-hall.jp/institution-mai… »続きを読む

【座席表】裾野市民文化センター(静岡県)

投稿日:2012年01月24日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

裾野市民文化センターの座席表を紹介します。 裾野市民文化センター 座席表 ●大ホール ※PDFファイル http://susono-shinkou.jp/images/susono_center/sisetu_a/sen… »続きを読む

【座席表】かつしかシンフォニーヒルズ(東京都葛飾区)

投稿日:2012年01月24日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

かつしかシンフォニーヒルズの座席表を紹介します。 かつしかシンフォニーヒルズ 座席表 施設概要ページ http://www.k-mil.gr.jp/institution/symphony/index.html モーツァ… »続きを読む

【座席表】明石市立市民会館(兵庫県)

投稿日:2012年01月15日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

明石市立市民会館の座席表を紹介します。 明石市立市民会館 座席表 ●大ホール http://www.shiosai-akashi.jp/akashi/pdf/zaseki_dai.pdf ●中ホール http://www… »続きを読む

【座席表】彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市)

投稿日:2012年01月15日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

彩の国さいたま芸術劇場の座席表を紹介します。 彩の国さいたま芸術劇場 座席表 大ホール 概要ページ http://www.saf.or.jp/arthall/facilities/main_hall.html 座席表(p… »続きを読む

【座席表】苫小牧市民会館(北海道)

投稿日:2012年01月13日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

苫小牧市民会館の座席表を紹介します。 苫小牧市民会館 座席表 ●大ホール http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/siminkaikan/kyakuseki.htm チケットはこちらか… »続きを読む

【座席表】藤沢市民会館(神奈川県)

投稿日:2012年01月11日|投稿者:furubullさん|コメントはまだありません

藤沢市民会館の座席表を紹介します。 藤沢市民会館 座席表 ●大・小ホール ※PDFファイル http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/content/000132126.pdf チケットは… »続きを読む

【座席表】さいたま市文化センター(埼玉県)

投稿日:2012年01月11日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

さいたま市文化センターの座席表を紹介します。 さいたま市文化センター 座席表 ●大ホール ※PDFファイル http://www.saitama-culture.jp/pdf/bunka_lhall.pdf ●小ホール … »続きを読む

【座席表】多摩市立複合文化施設 パルテノン多摩(東京都)

投稿日:2012年01月11日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

多摩市立複合文化施設 パルテノン多摩の座席表を紹介します。 多摩市立複合文化施設 パルテノン多摩 座席表 ●大ホール ※PDFファイル http://www.parthenon.or.jp/shisetsu/hall01… »続きを読む

【座席表】岡山市民会館(岡山県)

投稿日:2012年01月11日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

岡山市民会館の座席表を紹介します。 岡山市民会館 座席表 ●大ホール ※PDFファイル http://www.okayama-shiminkaikan.jp/shisetsu/hall/pdf/zaseki.pdf チケ… »続きを読む

 1 2 3 4 5 ...22 23 24 次の10件