クラリネットに関する「のうはう!」

ここは「クラリネット」に関する記事を集めたカテゴリーです。

クラリネットとは?

クラリネットは、木管楽器の一種で、マウスピースに取り付けられた1枚の簧(リード)によって音を出す単簧(シングル・リード)の管楽器。略称は「Cl」「クラ」など。

■基本構造
構造は吹口に近いほうからマウスピース(ベックとも=唄口)、バレル(=ビルネ・樽 アルト・クラリネットより低い音域のクラリネットではネック)、管体、ベル、となっている。管体は、ソプラノ・クラリネットより大型のものでは上部管(上管)と下部管(下管)に分割できるものが多く、これより小型のものでは一体型のものが多いが、これは可搬性を確保するためのものであり、必ずしも音色や音質、音程などの面で優れているわけではない。このため、ソプラノ・クラリネットでも一体型の管体を有するものが、少数派ではあるが存在する。全長のほとんどを占める管体の太さは、ほとんど一定である。これが、クラリネット独特の運指や音色を生む理由である(後述)。
クラリネットの名の付く楽器は多く、クラリネット属と総称する。それらは移調楽器で、それぞれ音域を変えるために管の長さを変えたものであり、運指などは殆ど同じである。
クラリネット属の楽器の基準形はソプラノ・クラリネットで、単にクラリネットと呼んだ場合には通常ソプラノ・クラリネットを指す。ソプラノ・クラリネットの調性は、変ロ(B♭)調が一般的であり、この他にイ(A)調のものがあり、オーケストラなどで多く使われる。変ロ調の楽器とイ調の楽器は唄口部分が共通であるために、演奏中の持ち替えではこの部分だけを差し替えることもある。作曲家によってはそれぞれの管の音色の違いにこだわって、B♭管の曲とA管の曲を書き分ける。たとえば2曲のクラリネット協奏曲を作曲したウェーバーの曲はすべてB♭管用である。しかしながら、単に音域や運指のしやすさでどちらの管を使うかを決める作曲家や演奏家もいる。

出展:Wikipediaより

クラリネットに関する「のうはう!」記事(新着順)

木管楽器の値段比較

投稿日:2012年01月16日|投稿者:tomatoさん|コメント数(1)

木管楽器クラリネット・サックス・テナーサックスの値段を比較します。 手順 クラリネットの値段は20万円~50万円程度が最も多く、高級なものは100万円以上。これに対しプラスチックを用いた「プラ管」のクラリネットは、約6万… »続きを読む

Price comparison of woodwind instruments

投稿日:2011年07月23日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Compare the woodwind instrument clarinet-saxophone tenor sax of the price. Steps: 200000 Yen price of the clar… »続きを読む