DJ(ディスクジョッキー)に関する「のうはう!」

ここは「DJ(ディスクジョッキー)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

DJ(ディスクジョッキー)とは?

ディスクジョッキー(disc jockey)または単にDJ(ディージェイ)とはラジオ番組の司会者、あるいはディスコやクラブ、パーティー、ライブ、野外レイブなどでレコードなどの録音媒体を使い音楽を掛ける人である。

■司会者・パーソナリティ
ラジオ番組などで、音楽を掛けながらその間をトークで繋ぐ司会者。ラジオ番組では音楽よりトークを重視する番組の司会者の場合、パーソナリティと呼ばれる事が多い。狭義には自分自身で選曲しレコード盤に針を落とし、トークは簡単な曲紹介のみというスタイルを取っているものをディスクジョッキーという。

またMTVでは番組内の司会進行役をVJと呼んだり、東海ラジオなど7局で番組を担当していた小森まなみはトーク重視のスタイルをトークジョッキーと呼んでいる。また東京都のFM局・J-WAVE(一部のぞく)、福岡県のFM局・CROSS FM、新潟県のFM局・FM-PORTが「ナビゲーター(navigator)」、愛知県のFM局・ZIP-FMが「ミュージック・ナビゲーター(music navigator)」、兵庫県のFM局・Kiss FM KOBEが「サウンドクルー(sound crew)」など独自呼称を使っている局もある。これは各人によって選曲する者もあれば司会と曲紹介だけの者など、番組内の行動も多様であることから単に「ディスクジョッキー」として表せないことを背景にしている。

毒舌を売りにするディスクジョッキーを特にショックジョック(Shock jock)という。

■選曲者
主にダンスホール、ディスコ、クラブ、野外ライブなどでレコードやCD、近年ではPC内に保存された音楽データを使用し、場の雰囲気から楽曲を選曲し切れ目無くかける者である。一般にDJと略称される。選曲担当の他にミックス、スクラッチ、イコライザーの操作などの機器操作を行うことが一般化している。ミックスは現在再生している曲と次に再生する曲をスムーズにつなぎ、音の切れ目をなくすことで聴衆のテンションを維持する。ミックスの技法はDJごとに個性があらわれる。

まれにすでに選曲した楽曲をMDやDATなどの記録媒体に入れて使用しDJを自称する者もいるがこれは単に選曲者であり、ピッチを変速できるターンテーブル(レコードプレーヤー)やCDJ(CDターンテーブル)、PCとミキシング・コンソールを使用したライブ演奏が基本である。

出展:Wikipediaより

DJ(ディスクジョッキー)に関する「のうはう!」記事(新着順)

【座席表】ナムラホール(沖縄県那覇市)

投稿日:2011年12月01日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

ナムラホールの座席を紹介します。 ナムラホール 座席表 ●会場平面図 http://www.namura-hall.jp/stage.html チケットはこちらから 【まだ間に合う!】Yahooオークションでチケットを手… »続きを読む

[Seating chart] Namur Hall Naha city, Okinawa Prefecture

投稿日:2011年06月09日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introducing the Namur Hall seats. Namur Hall seating chart • Floor planhttp://www.namura-Hall.jp/stage.html Cl… »続きを読む

DJ(ディスクジョッキー)に関連するニュース

DJ(ディスクジョッキー)に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

DJ(ディスクジョッキー)に関連する動画

  • 該当する動画はございません