Drum (ドラム)に関する「のうはう!」

ここは「Drum (ドラム)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

Drum (ドラム)とは?

ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者(ドラマー)を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。

ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情等により多種多様である。

バスドラム(写真内 1)
Bass Drumと表記することから「ベースドラム」「ベードラ」「バスドラ」と呼ぶ場合もある(欧米ではむしろ「ベースドラム」と呼ぶ方が一般的)。いわゆる大太鼓。他に「キック」(Kick)と呼ぶこともある。右利きの場合、奏者の右足側の床に横倒しに設置し、ペダルを踏んで演奏する。
フロアータム(写真内 2)
床に直接置くので「フロア (floor) ・タム」と呼ばれる。右利きの場合、奏者の右側に設置するのが一般的。大口径のタムで代用する場合もある。並び順はタムと同様。
スネアドラム(写真内 3)
奏者の目の前、膝の高さに専用のスタンドで設置する。「サイドドラム」と呼ぶ場合もある。いわゆる小太鼓。スネアサイド(スネアドラムの裏面のヘッド)にスナッピー(スナッピーは日本独自の言い方で、通常はスネアと呼ぶ)と呼ばれるスチールないしブラスなどの金属製の響線が装着されている事が最大の特徴である。胴の深さは一般的に5インチ(約13センチ)前後、口径は14インチ(約36センチ)が主流であるが、胴深6インチ以上のスネアや、胴深3~4インチ程度のスネア、口径が13インチ以下のスネアなど多種多様である。薄めのスネアは「ピッコロスネア」とも呼ばれている。
トムトム(写真内 4)
ドラムセットでは「タム」と呼ぶのが一般的。バスドラムやシンバルスタンドに取り付けたホルダーまたは専用のスタンドを使い、バスドラムの上付近に設置する。複数設置する場合は、右利きの場合主に左から右へ小さい順に並べるのが一般的。ごく一般的なセットでは、写真にもある通り、通常2つ(ハイタムとロータム)を設置するが、ハイタムのみを配した、いわゆる「3点キット」と呼ばれるシンプルなセット構成も人気がある他、高橋まこと(元BOØWY)や真矢(元LUNA SEA)、テリー・ボジオ、大久保宙のように、タムだけで10個以上を配するセットを組む奏者も存在する。
ハイハットシンバル(写真内 5)
右利きの場合、奏者の左足側、スネアドラムの直近に専用のスタンドで設置する。またワイヤーを使って奏者の右側や自由な位置に設置するリモートハットもある。また、ツー・バス演奏時に左足を使用できない状態で、クローズ音が欲しい場合や、常時ハーフ・オープンの音が欲しい場合に使用するクローズド・ハットといったものもある。左側に設置している場合、腕をクロスさせて右腕で叩く「クロスハンド奏法」が一般的だが、腕をクロスさせずに左腕で叩く「オープンハンド奏法」で叩く奏者も存在する(オープンハンドの項を参照)。
シンバル(写真内 6)
設置にはスタンドを用いる。ライドシンバル(トップシンバルとも)やクラッシュシンバル(サイドシンバル)、エフェクトシンバル(チャイナ、スプラッシュ、ベル、ゴング、カップチャイム、重ねシンバル)などがあり、ライドシンバルはフロアタムの上付近に設置するのが一般的。その他のシンバルの配置は奏者の好みによる。一般的にライドシンバルはリズムをキープする目的で使われ大口径(主に20インチ~22インチ)で厚い。クラッシュシンバルは曲中でアクセントを付けるときに使用される。一般的にライドシンバルより小口径(主に16インチ~18インチ)で薄い。
ドラムスティック
ドラムは、パフォーマンスの延長として手で叩く場合もあるが、主にスティックといわれる撥(ばち)が用いられる。一般的には、ヒッコリーで出来たものが多く、メイプルやオークで出来たものもある。少数派としてアルミ製、プラスチック製、ファイバー製のものや、内部に発光体を入れたものなども存在する。木製のスティックの先端(チップ)には、木製のものが一般的であるが、ナイロン製のものも各社から販売されている。スティックに似たもので、ブラシや、ロッズと呼ばれる細い棒を束ねたもので演奏する場合もある。より優しい表現が求められた時、ブラシやロッズが用いられることが多い。逆に、より太く重い音を出したい場合、先が球状になったマレットで演奏する場合がある。その場合は、ドラムスキンを破損しないよう、大抵マリンバ用に準じた柔らかいものが用いられる。

出展:wikipediaより

Drum (ドラム)に関する「のうはう!」記事(新着順)

新しいドラムの楽しみ方【ワンマンオーケストラ】

投稿日:2012年01月15日|投稿者:nekomaryさん|コメント数(1)

ドラムは、ピアノやギターなどのように音階がなく、 通常はメロディーを奏でることはできません。 でも、日本にはドラムだけでメロディーまで出してしまう、 脅威の技術を持った人物がいます。 その人物、「神保彰」さんを紹介します… »続きを読む

楽器屋さんでのすすめ

投稿日:2011年10月25日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

自分好みの店員さんを決めましょう。 手順 楽器店では、数名の店員さんがいると思います。 その中で、自分の演奏している楽器に詳しいかたが、中にいるはずです。 その専門のかたに、相談したりしてみましょう。 良い楽器選びができ… »続きを読む

【音楽】ライブハウスで演奏するために

投稿日:2011年10月19日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

ライブハウスで演奏したいかたは、オーディションを受けましょう。 手順 ライブハウスで演奏したいという方は、ある程度楽器演奏や、 歌が歌えるようになって、人前に出てもいいかなと思えたら、 オーディションを受けてみましょう。… »続きを読む

【音楽】バンド演奏を楽しむコツ

投稿日:2011年10月19日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

バンド演奏を楽しむコツです。 手順 バンド演奏は、それぞれに違った楽器を、同時に演奏します。 バンド演奏は、スポーツで言いますと、チームプレイのようなものですから、 ほかのメンバーの方への配慮も、とても必要になってきます… »続きを読む

楽器を練習するのに適した場所

投稿日:2011年10月16日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

楽器の練習は、スタジオや地下室で行いましょう。 手順 楽器の練習をするときには、貸しスタジオをお借りしたり、 また、地下室のスタジオをお持ちの家のかたの地下室のスタジオで練習を しましょう。 バンド演奏の練習は、貸しスタ… »続きを読む

不要になった楽器の処理法

投稿日:2011年10月16日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

不要になった楽器は、買い取ってもらいましょう。 手順 ピアノや、ギターやベースなどの、もう使用しなくなった楽器類は、 そのまま放置しておいては、せっかくの音を奏でてくれる人が いなくて、とても可愛そうです。 また、楽器類… »続きを読む

楽器を演奏するメリット

投稿日:2011年10月15日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

楽器を演奏しますと、ボケ防止になります。 手順  楽器を演奏するということは、 どんな楽器でも、体のさまざまな部分を使います。 たとえば、ピアノやキーボードなどの鍵盤楽器は、 指をたくさん動かします。 指をたくさん動かす… »続きを読む

バンド演奏に必要な楽器

投稿日:2011年10月15日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

バンド演奏に、必要な一般的な楽器です。 手順 バンドを組みたい方は、演奏したい音楽のジャンルを まず始めに決めましょう。 そして、そのジャンルに合った楽器を選び、メンバーを揃えましょう。 一般的には、ギター、ベース、ドラ… »続きを読む

自分に合った楽器を選ぶ方法

投稿日:2011年10月15日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

楽器を上手になりたいけれど、何の楽器を練習すれば良いかを選ぶ方法です。 手順 楽器を始めるときには、自分にこの楽器を演奏できるようになりたいという 具体的な楽器があれば良いのですが、思い浮かばない場合は、 いろいろな楽器… »続きを読む

Place to practice your instrument

投稿日:2011年08月29日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Let’s do instrument practice studios and basements. Steps: When practicing instrument, or hire and renta… »続きを読む