観察に関する「のうはう!」

ここは「観察」に関する記事を集めたカテゴリーです。

観察とは?

観察(かんさつ)とは、対象の実態を知るために注意深く見ること。その様子を見て、その変化を記録すること。どれだけその変化を見つけられるかが重要である。

自然科学

自然科学の分野では観察とは何らかの目的のために対象を詳細に見、そこから何かを導き出す行動で、分析や解析などの基礎となる。基本的には対象に対する操作を行わない点で実験とは異なる。分解や解剖、生物学ではさらに固定や染色といった込み入った操作を行う場合もあるが、これはそのままでは見えない内部や細部を見るためであり、その操作によるその目的部分の変化を求めない点で実験ではない。

観察には、定量的観察と定性的観察がある。人間の感覚は定性的なので、定量化は重要な過程である。定量的な観察は特に「観測」あるいは「測定」などと呼ばれる。しかし、定性的な観測も時に重要な情報をもたらす。科学的方法も参照。

生物学ではまずはその形態、それにその動きをよく見ることが重視される。しかし生物には肉眼では観察できない細部に重要な意味があることが明らかになり、野外観察においてもルーペは重要アイテムである。さらに微生物の分野では顕微鏡を用いた観察がしばしば行われる。いずれにせよ観察から何かを感じることは生物学では発想の原点として重要である。観察したことを記録する方法として,スケッチも重視される。
理科教育 [編集]

日本の学校における理科教育においては、観察は重視される。小学校低学年-中学年などでは身近な生物の観察がよく取り上げられる。また、かつては昆虫採集は理科の自由研究課題としてよく取り上げられたが、現在はこれが少なくなっている理由のひとつに、むやみに採集するより、しっかり観察することが大事だとの方向性の変換があげられる。

日本の社会教育の場では、博物館や自然関係の団体が主催する自然観察会や自然観察教室があちこちで行われている。

出展:wikipediaより

観察に関する「のうはう!」記事(新着順)

【国内旅行】 四万十市トンボ自然公園

投稿日:2011年12月25日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(2)

通称:トンボ王国。 高知の四万十川へ行くことがあれば、晴れて空が高く感じられるような日に、ここをぜひ訪れてみてください。世界一のトンボ保護区です。 昭和35年頃、大阪府堺市浜寺という海沿いの土地に住んでいました。 今では… »続きを読む

装着したままスマートフォンを操作できる手袋(ミトン)

投稿日:2011年10月27日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(1)

指先の部分に通電性を持たせることで、手袋をしたままの状態でもスマートフォンの画面を操作できる優れものがすこし前から販売されています。そんな商品もありますが、わたしは以前から指先で直接画面操作ができるもので、なおかつ指先は… »続きを読む

Gloves mittens interact Smartphone attached

投稿日:2011年07月13日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Smartphone screen can still have electrification of part of the finger, gloved, excellent ones are sold from a… »続きを読む

[Travel] 40010 city sewer nature park

投稿日:2011年06月16日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Common name: Dragonfly Kingdom. If you go to the Shimanto River in Kochi, sunny sky high visit here today, fel… »続きを読む