野鳥観察(バードウォッチング)に関する「のうはう!」

ここは「野鳥観察(バードウォッチング)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

野鳥観察(バードウォッチング)とは?

野鳥観察(やちょうかんさつ)もしくはバードウォッチングとは、野鳥を観察する趣味である。
同好の士の間では鳥見(とりみ)と呼称することも多い。
この趣味の発祥地はイギリスを中心としたヨーロッパであり、
現在では英語圏のアメリカ合衆国にもこの趣味を楽しむ人が多い。
(英語:Birdwatching=英, Birding=米)

広い意味では、庭先に餌場や水場、砂場を作り、野鳥を集めて楽しむことも含まれる。
しかし、一般には、観察者側から野鳥にできるだけ働きかけをしないことが重要視され、
野鳥の生息環境に人間側が足を運び、自然状態の鳥を対象にすることが多い。
鳥の鳴き声を聞き、姿を探し当て、その行動を観察し、記録するなどの行動のことを指す。
探鳥とも呼ばれる。

森林、河川や湖沼、湿原、海岸(干潟など)と、鳥類が多い様々な環境に人間が出向いて行われる。
それぞれに観察できる鳥の種類は異なる。また、季節によっても違う種類の鳥が観察できるため、
通年楽しめる趣味である。自然の中に身をおくため森林浴などの側面もあり、
また適度な距離を歩くトレッキングハイキングなどを兼ねることも可能。
幅広い年齢層が楽しめる趣味である。

出展:wikipediaより

野鳥観察(バードウォッチング)に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「野鳥観察(バードウォッチング)」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「野鳥観察(バードウォッチング)」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?