昆虫採集に関する「のうはう!」

ここは「昆虫採集」に関する記事を集めたカテゴリーです。

昆虫採集とは?

昆虫採集(こんちゅうさいしゅう)とは、昆虫を捕まえることである。
研究目的、あるいは趣味としてこれを行う。ここでは捕まえた後に殺し、
乾燥標本として収集する行為についてを扱う。

昆虫の乾燥標本を集める趣味は、歴史が長い。
研究者であっても、趣味として昆虫のコレクションを行っているものも珍しくない。
ヨーロッパでは貴族的な趣味の一つと見なされる。
そのための専用の昆虫採集人という職業があるほどである。そのようなコレクションが、
博物学やその系譜を引く分類学を支えてきた面もある。
イギリス富豪ロスチャイルド家ナサニエルチャールズロスチャイルド
ミリアム・ロスチャイルド父娘は、ノミのコレクションをしていたことで有名で、
そのために北極へ採集船を仕立てたこともあったと言われている。
世界のノミの分類学研究は、世界中のノミの標本を網羅したナサニエルと、
父のコレクションを整理研究したミリアムの功績によって大成されたのである。

昆虫は圧倒的に種類数が多く、多様であるので、すべてを集め尽くすのはほぼ不可能である。
また、地方変異や個体変異など、並べて比べる楽しみもある。
宝石並みの美しさを持つものや、奇妙な姿のものもある。
虫を追っかける狩猟的行為そのものを目的とする原始的な楽しみ、という面もあろう。
何でも集める人もいるが、多くの人は特定の分類群に情熱を集中する。
特にチョウ古今東西、一番の人気を誇り、その知識の集積はすさまじいものがある。
これまで蓄積された学術情報密度が極めて高く、たとえば蝶の標本1つから、
それが世界中のどの島のものか、どの季節に取れたのかがわかる場合があるほどである。
対照的に、ガは人気が低く、ごく一部の根強いコレクターがいるばかりであった。
最近ではチョウの学術的解明が進んだため、研究志向の愛好家は対象をガに
移行させる傾向が見られる。それでも標本づくりに特殊なテクニックを要する
小蛾類の愛好家はあまり増えていない。

他にコウチュウ目甲虫目)のオサムシゴミムシ類、カブトムシ類、クワガタムシ科も人気が高い。
コガネムシ類、カミキリムシ科などもなかなかの人気である。
コガネムシ目のそれ以外の昆虫をまとめて雑甲虫と言ったりもする。
ほかにトンボなども地道な人気があり、愛好家に占めるハイレベルの研究家の率が高い。
不人気な分類群はプロの研究者と相互補完的関係にあるアマチュア研究家の
マンパワーが不足するので、研究がなかなか進まない傾向がある。
ハエ目がその代表であるが、近年美麗な種の多いハナアブ科は採集者が増えつつあり、
日本のハナアブ相がそれに比例して詳細に解明されつつある。
また、やはり通常昆虫標本の製作法(後述)が適さず、
煩雑な方法でプレパラートなどにしなければならないアブラムシトビムシ
アザミウマなどの採集者は、プロの研究者以外にはほとんどいないのが現状である。

出展:wikipediaより

昆虫採集に関する「のうはう!」記事(新着順)

【国内旅行】 四万十市トンボ自然公園

投稿日:2011年12月25日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(2)

通称:トンボ王国。 高知の四万十川へ行くことがあれば、晴れて空が高く感じられるような日に、ここをぜひ訪れてみてください。世界一のトンボ保護区です。 昭和35年頃、大阪府堺市浜寺という海沿いの土地に住んでいました。 今では… »続きを読む

[Travel] 40010 city sewer nature park

投稿日:2011年06月16日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Common name: Dragonfly Kingdom. If you go to the Shimanto River in Kochi, sunny sky high visit here today, fel… »続きを読む