スズムシに関する「のうはう!」

ここは「スズムシ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

スズムシとは?

スズムシ(鈴虫、Homoeogryllus japonicus)は、バッタ目コオロギ科の昆虫。古くは「マツムシ」とも言った。

体長は17〜25ミリ。日本産コオロギ科昆虫としてはかなり大型の部類に入る。夜行性のため触角が非常に長い。触角は白い部分が多く、一部が黒い。頭部は小さく、複眼のみで単眼は退化している。翅は幅広く、瓜の種のような形をしている、羽は二枚と思われがちだが、羽化直後の成虫個体は4枚あり、その後に後脚で後翅を自ら脱落させる。羽化間もない個体は飛ぶこともあり、明かりに集まり、自販機の下などで鳴き声が聞かれることもある。なお、長翅型と短翅型があり、飛ぶのは長翅型のみである。飼育を重ねた販売個体は短翅型の割合が多い上、飛翔筋の発達も悪いことが多いため飛ぶことは非常に稀である。

雄の羽は幅が広く、脈が発達している。太い脈の一部はヤスリのようになっており、羽を垂直に立てて左右に細かく震わせ、ヤスリを擦り合わせて弱い前奏の後「リーーン・リーーン…」と数回繰り返す節回しで美しく鳴く。野外では鳴き方が少し異なり、前述の鳴き方の後「リィィィィ・リィィィィ…」と寂しげな鳴き方をする。そのため声を聞いてもスズムシとは思われないことが多い。雌は腹部尾端に長い針状の産卵管を持つ。

古くから鳴き声を楽しむ対象とされ、平安時代から貴族の間では籠に入れ楽しまれていたが、江戸時代より虫売りの手で人工飼育が始まり、盛んに販売されている[1]。現在では簡単に養殖物が手に入るが、野生のものも全国に分布している。養殖物から逃げたものも多数存在するものと考えられ、遺伝子汚染が進んでいる可能性は否定できない。但し羽化してまもない新成虫個体は後翅も存在する。またメス個体の場合も腹部の卵巣が未成熟な時期には、産卵時期に比べ体重が軽い。そのため、晩夏から初秋にかけて飛翔していることが確認できる。水銀灯や時には家屋の明かりに来ることもある。このことから近親交配を避け各地の生息域に分散している可能性もある。

飼育は非常に容易で、キュウリやナスを主な餌とし鰹節など動物質の餌を与えると、共食いも防げる。ジャンプ力はあるが、ガラスやプラスティックは上らないため、ある程度の高さがあればプラケースやガラス水槽などで飼育できる。赤玉土などを敷いて湿度を保っておくと雌雄がいれば容易に産卵する。翌年まで湿度を保っていると、5月下旬から6月上旬ぐらいに数週間かけて孵化する。地域の気温、飼育場所の温度差により差異もあるが、何回か脱皮をすると早い個体では7月下旬ごろ成虫になる。鳴く虫は秋のイメージがあるが、本種含め本来は比較的暑い時期から鳴き始める。最近ホームセンター等で晩春から初夏にかけて売られている成虫個体は温度管理により羽化を早められたものである。

上記の通り、キュウリやナスはもちろん、カボチャやサツマイモに至るまで食べる。自然界においてはススキやクズの群生地で野生個体を多く見かける為そのことから、食草は比較的幅広いと推測出来る。飼育個体においてはニガウリ(ゴーヤ)は厳禁で、与えられた飼育ケース内の個体が全滅してしまうという話があるが、ゴーヤと死亡の因果関係は現在推測的に語られているのみで不明である。

出展:wikipediaより

スズムシに関する「のうはう!」記事(新着順)

【ペット】屋内で撮影するポイント

投稿日:2011年12月15日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

ペットの姿といえば、やはり写真に撮って残しておきたいものですね。そのときに気になるポイントをご紹介。 ペットの撮影のポイントで上位に入るのはやはりブレないことでしょう。 まず、手ブレを防ぐ。これは撮影の基本ですね。 問題… »続きを読む

【ペット】人の食べ物を与えないで

投稿日:2011年12月10日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

可愛いペットがおねだりしてきたら、ついつい自分の食べているものを与えてしまいそうになりますよね。でも、それはペットのためにもやめてください。 お菓子を食べていると、ペットが愛くるしい表情でおねだりをしてくることはありませ… »続きを読む

ペット選びのポイント

投稿日:2011年12月10日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

愛くるしいペットを飼いたいと思っても、どんなペットがいいか分からない……。見た目で選ぶのもいいですが、やはり自分にあった動物が一番ですよ。 一緒に暮らしてゆくことになるペットを飼いたい。でも、どんなペットがいいかわからな… »続きを読む

【ペット】何か芸を覚えさせる

投稿日:2011年12月05日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

ペットを育てるなら、何か芸を覚えさせてみたいと思う方もおられるでしょう。芸でなくともしつけたいこともあるのでは? そんなときの方法です。 パブロフの犬というものをご存知でしょうか? 平たく言えば条件反射のようなもの。 ベ… »続きを読む

【ペット】食べ物によって水の量を調節しよう

投稿日:2011年12月04日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

ペットに水をあげすぎれば、人間と同じようにお腹を壊してしまいます。でも、普段通りにあげてるのに飲み過ぎになることもあるんです。 ペットに水をあげるとき、気温なども考えて量を調節すると思います。でも、それだけでは十分とはい… »続きを読む

珍しいペットを飼うときの注意

投稿日:2011年12月03日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

最近ではペットショップでも珍しいペットが売られるようになってきました。でも、それにあわせて周囲の環境も良くなっているかといえば、そんなこともないのが現実です。飼う前にチェックしておきましょう。 珍しいペットを飼う前に周囲… »続きを読む

【ペット】人と動物、両方でしつけを

投稿日:2011年11月12日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

ペットのしつけに困ることもあるでしょう。それは人の手で全てをやってしまうからです。ペットのしつけはペットに頼るのも大事です。 ペットのしつけは大変ですよね。言葉が通じないためになかなかわかってくれないし、覚えてくれません… »続きを読む

[Pet] trying to adjust the amount of water by food

投稿日:2011年08月23日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Given to water the pets will like the man breaking stomach. However, sometimes even though Bethel will as usua… »続きを読む

[Pet] giving people food

投稿日:2011年08月08日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Cute pets and pleading right away so given, feel yourself are eating. But don’t give it for a pet. Plead… »続きを読む

[Pet] to remember something art

投稿日:2011年08月05日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

If you’re raising pets, though I think I remember something art knoweth will. At least not in art is som… »続きを読む