ホバークラフトに関する「のうはう!」

ここは「ホバークラフト」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ホバークラフトとは?

ホバークラフト (英語: hovercraft) は平坦な面であれば地上・水上・雪上を区別無く進むことのできる乗り物である。この呼称は商標であり、一般呼称はエアクッション艇 (air-cushion vehicle: ACV)。工学上は航空機に分類されるが、日本の法律では主に水上走行することから船舶に分類される。

図鑑や新聞では「ホバークラフト」と呼称される事が多い。大分をはじめ運航された地域では建造元である三井造船が「ホーバー」と呼んだため、「ホーバー」の呼称が一般的である。

ホバークラフトは上から吸い込んだ大量の空気を艇体の下に吹き込み続けることで浮力を得る。艇体下部はスカートと呼ばれる合成ゴム製のエアクッション用側壁が四方に垂れ下げられており、吹き込まれた空気を十分な高さで保持する。この側壁下部と水面または地面との隙間から常に空気が漏れ出ることにより完全に艇体の全てが空中に浮かぶため、平坦な面上では接触抵抗が全く発生しない。この隙間より大きな凹凸でもスカート部によって作られたエアクッションの高さまでは、金属製の艇体に接触することが避けられる。

スカート部への空気の圧縮を止めれば、エアクッションが失われて艇体の底部がそのまま水面または地面と接触する。水上でそのような事態が起きても水中へ沈まないように、艇体は船と同様の水密構造を備える。

ほぼ全ての機種では飛行機のように空気を押すことで推進力を得るためのプロペラを備えるが、例外的に水中にスクリュー・プロペラをもつ機種もある。浮上しているため水面や地面の抵抗を受けずに高速に航行できる。平坦な場所であれば陸上でも使用できるが沼地以外では凹凸が障害となるために、実際には水上で利用されることが多く、ほとんどは船舶としての扱いを受ける。ゼロ速度飛行機の一種である。

出展:wikipediaより

ホバークラフトに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ホバークラフト」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ホバークラフト」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?