中国の屋台に関する「のうはう!」

ここは「中国の屋台」に関する記事を集めたカテゴリーです。

中国の屋台とは?

中国でも、台湾に似た形態の屋台が見られるが、売る食品は地域ごとに異なる。たとえば、北京でみかける食品では、天津煎餅、焼き芋、ゆでトウモロコシ、甘栗、シシケバブなどが多い。上海周辺ではちまきもよく売られている。

地域によっては、夕方以降、歩道や広場を使って衣料品、雑貨類を販売する大規模な市場が現れたり、歩行者天国状態にした、食品の屋台街が現れる場所もある。屋台街では、炒め物や揚げ物を中心とした本格的な中華料理を出す店も少なくない。サソリ、セミなどの揚げ物といった、他の国では見慣れない食品が扱われている場合もあり、地方独特の料理を出す店もある。また、台湾からアイデアを取り入れたソーセージの回転焼き、炒めアイスクリームなどを出す店はたまにあるが、台湾でよくみられる日本起源の食品はほとんど見られない。

しかしながら、衛生状態にはかなりの疑問があり、下水から再生された食用油である地溝油が使用されている危険性が指摘されている。

出展:wikipediaより

中国の屋台に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「中国の屋台」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「中国の屋台」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?