香港の屋台に関する「のうはう!」

ここは「香港の屋台」に関する記事を集めたカテゴリーです。

香港の屋台とは?

香港では、「大牌檔(広東語 ダーイパーイドン)(中国語版の記事)」と呼ばれる屋台が、広東料理を中心に麺類、粥、炒め物などの中華料理を出すが、1980年代以降路上での営業は禁止される地域が増え、基本的に公園の一角のような定められた場所に集められて営業している。ほかに、自動車を利用した移動販売店舗も認められるが、許可取得に要する費用が高く、営業できる場所も制限を受けるため、日本のように一般的ではない。

これ以外に、プロパンガスコンロを仕込んだカートを使って、煮込み料理、揚げ物、鶏蛋仔という菓子などを売る業者が街角に現れることがあるが、基本的に無資格販売であり、警官がパトロールに現れると、クモの子を散らすようにカートを押して逃げる姿が見られる。

夜に道路を利用して店舗を出す例では、九龍半島の廟街(男人街)や西洋菜街(女人街)が有名であるが、衣料品や雑貨の販売に限られる。他に深水埗の鴨寮街では昼から電気製品や古物を売る屋台が出る。1980年代までは、香港島の上環大笪地に大規模な屋台群が出て、プアマンズナイトクラブ(平民夜總會)と呼ばれた。

出展:wikipediaより

香港の屋台に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「香港の屋台」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「香港の屋台」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?