日本の屋台に関する「のうはう!」

ここは「日本の屋台」に関する記事を集めたカテゴリーです。

日本の屋台とは?

屋台(やたい)は、移動式の簡易店舗。簡単な飲食物や玩具などを売る。似た言葉として露店(ろてん)があるが、露店は移動式とは限らず、歩道上に物を並べて販売したり、建物の1階で物を売る店も含まれる。

正月の寺社や縁日など大きな行事の場所にはたこ焼き、焼きそば、綿菓子、磯辺焼、おもちゃなど様々な屋台が出店する。屋台店とも呼ばれる。このような祭りの縁日等大きなイベントに出店する屋台は的屋と呼ばれる人たちによって営まれている場合が多い。

屋台は江戸時代に大きく繁栄し、江戸(後の東京)では、握り寿司や蕎麦切り、天ぷらといったすぐに提供できる食べ物(ファーストフード)が屋台で初めて提供され、現在の日本の食文化の起源の1つとなる営業形態であった。

移動式の屋台ではラーメン屋が多く商われている。これは江戸時代の夜鳴きそばに起源を発し、チャルメラをならしながら夜の街を流すため、別名チャルメラと呼ばれることもある。

夜間にのみ営業し、酒類とともにおでん、焼き鳥やどて焼きなど様々な料理を出して営業する屋台もある。屋台特有の雰囲気に誘われるファンは今も多い。営業には食品衛生法に基づく保健所の営業許可や道路交通法に基づく警察署の道路使用許可が必要。これら許可を取らないまま営業をしたり、水道、排水、電気、トイレの確保やゴミ処理が難しく、深夜の騒音問題、衛生面での問題や道路を占拠し交通を妨害するなどの問題もあり、最近ではこの種の屋台は減ってきている。常設的に屋台を開設するには向いていない日本の気象条件の制約等がある。料金のトラブルや、ヤクザ等による場所代徴収の問題もある。

広い敷地に水道を引き多くの屋台を集めた「屋台村」と呼ばれる常設の施設が各地で見られたこともあったが、昨今はあまり見られなくなった。そんな中でも北海道各所や、青森県八戸の屋台村は観光名所にもなり、盛況である。

近年の東京丸の内近郊をはじめとする各都市部では、ネオ屋台と呼ばれる移動販売車のランチタイム販売が好評を博している。商品は弁当中心でエスニック系のものが多く、清潔感と洒落た雰囲気で、女性客も気軽に買える内容となっている。 出店ポイントをネオ屋台村と称して、主にオフィス街の昼食需要に応えている。

こうした移動販売車は一般的な飲食店と比較すると低投資で取得可能で、客層の厚い場所に攻撃的に出店できるフットワークがあるため、個人の起業スタイルとして定着しつつある。また起業需要に応える形で、移動販売のフランチャイズチェーンも現れ、業態としてはクレープやメロンパン、揚げパン、いか焼きなどのチェーンが存在している。

更なる発展形として、移動販売車の欠点[衛生面での業態の制限][道路交通法の問題][電気や給排水設備の不足][車内作業効率の悪さ]を解決した半固定型のユニット厨房や牽引式厨房車両も姿を現し始めた。

出展:wikipediaより

日本の屋台に関する「のうはう!」記事(新着順)

秋田県のB級グルメは横手やきそば

投稿日:2011年12月22日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

横手やきそばは、秋田県のB級グルメのおすすめです。 手順 秋田県の横手市の周辺では、横手やきそばというB級グルメが販売されていたり、 実際に食べられるお店があります。 味は、甘めのソース味でキャベツや豚のひき肉などの具が… »続きを読む

Akita B luxury gourmet’s Yokote Yakisoba

投稿日:2011年06月01日|投稿者:axelworksさん|コメント数(1)

Yokote Yakisoba is featured in the Akita Prefecture B luxury gourmet. Steps: Yokote city, Akita Prefecture aro… »続きを読む