ハンググライダーに関する「のうはう!」

ここは「ハンググライダー」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ハンググライダーとは?

ハンググライダーは趣味、競技で行うスカイスポーツであり、また飛行に使用する機体自体を指す。搭乗者が“ベルトに吊り下がった(hang)状態でグライダー(glider)に乗り滑空する”ことから、ハング・グライダー(hang glider)と呼ばれる。また連続した”ng”と”g”の音が重なる英語の原音により近いハングライダーの発音・表記もある(これが誤って逆類推され、つり下がるライダーとしてhang rider のように表記されることもあるが、このような語は存在しない。そもそもライディング―乗るのではなくグライディング―滑空するものである)。

同様に滑空を楽しむものには、グライダーや、パラシュートが進化したようなパラグライダーがある。

機体は軽く20 kgから45 kg程度で、人間一人の力で持ち上げることができる。搭乗者はベルトなどで機体の重心付近に繋がれる。

搭乗者は機体を持ち上げたまま斜面を駆け下りる。機体の滑空比が斜面の傾斜より浅いため、5m程度の助走で離陸する。上昇気流を利用しながら飛行を楽しんで、(多くの場合は)山の麓に用意してある着陸場に着陸する。巡航速度は20km/hから130km/h程度。滑空比は7から25程度。着陸のときは速度をぎりぎりまで落として、フレアー操作(後述)とともに足から降りて、グライダーは搭乗者が自力で保持する。

機体は折りたたみ式のものが多く、直径50cm・長さ5mほどの棒状になる。通常は乗用車の屋根に積んで運搬する。

航空法上は資格は不要だが、多くのフライトエリアでは(社団法人)日本ハング・パラグライディング連盟発行のライセンスの携行及びフライヤー登録を義務付けている。

ハンググライダーは、構造によってクラス1からクラス5に分類されている。

出展:wikipediaより

ハンググライダーに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ハンググライダー」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ハンググライダー」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?