パラグライダーに関する「のうはう!」

ここは「パラグライダー」に関する記事を集めたカテゴリーです。

パラグライダーとは?

パラグライダー (Paraglider) はスカイスポーツの一種。パラグライディングとも。このスポーツの総称をパラグライディング、飛行するための機体一式をパラグライダーと区分することもある。国際航空連盟(FAI)のカテゴリーではハンググライダーの一種に分類されている。

パラグライダーは、国際航空連盟ではクラス3(FAI Sub-class O-3 剛性の一次構造を持たないもの)のハンググライダーに分類されており、装備重量は20kg程度で、人間一人の力で持ち運べる。

パイロットは、ハーネスという装備に座り、左右の操縦索を手で操作して滑空する。

パイロットは、まず風に正対して翼を地面に広げ、向い風で翼を真上に上げ、滑空状態にしてから離陸する。機体の滑空比(6:1から10:1程度)が斜面の傾斜より浅いため、数メートル程度の助走で離陸する。上昇気流を利用しながら飛行を楽しんで、(多くの場合は)山の麓に用意してある着陸場に着陸する。巡航速度は36km/h程度。20km/hから60 km/h程度(対気速度)の速度域で飛ぶことが出来る。着陸のときは、着陸場近くで高度処理をし、着陸点(ターゲット)へ、向かい風の下、フレアー操作とともに足から降りて着陸する。

飛行には気象条件が大きく影響し、雨のとき、風速6m/s以上の風が吹くとき、離陸場正面からの風が入らないとき、気流が大きく乱れているときなどは離陸しない様指導されている。

日本の航空法では航空機ではないため、国家資格は必要としないが、民間航空規約では航空機とされ、単独飛行に際しては、技術と知識が必要なため、スクールやクラブに入り、飛行技術と航空理論、法規及び気象学の教習を受ける必要がある。実際に管理されたフライトエリアにおいてフライトするのには、文部科学省所管公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟(以下JHF)が発行する技能証(パイロット証)とフライヤー登録(第三者賠償責任保険)が有効でなければフライトすることはできない。おおむね運転免許証と自賠責保険の関係の様なものと理解してよい。 また、海外でのフライトを行うには国際航空連盟(FAI)が発行するIPPI技能証が必要となる。

出展:wikipediaより

パラグライダーに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「パラグライダー」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「パラグライダー」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?