レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに関する「のうはう!」

ここは「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズとは?

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ(Red Bull Air Race World Championship)は2003年にレッドブルの企画で始まった飛行機パイロットによる国際シリーズの総称。最高速度370km/h、最大負荷12Gにおよぶ過酷な空中タイムトライアルの連続でイベントが構成され、「空のF1」とも形容される。厳しい競技環境に耐え得る強靭な肉体と、飛行機を正確に操る技術力と集中力が要求される競技で、母国の空軍を経歴に持つパイロットもいる。

2009年からはアジア人初の選手として室屋義秀がエントリーしている。

 
 
 
 
■シリーズ概要

1開催は4ラウンドにわたるタイムトライアルで下位をふるい落としていくノックアウト形式で順位が争われる。各開催の順位に応じてポイントが与えられ、年間を通してもっとも多くのポイントを得たパイロットがチャンピオンとなる。大会は、

予選
  各選手2回のフライトを行い、速い方のタイムが記録となる。上位10名が決勝進出。

敗者復活戦(ワイルドカード)
  予選11位以下の選手が1回のフライトを行う。上位2名が決勝へ。

決勝・トップ12
  各選手1回のフライトを行う。下位4名(9-12位)が脱落。

決勝・スーパー8
  各選手1回のフライトを行う。下位4名(5-8位)が脱落。

決勝・ファイナル4
  各選手1回のフライトを行い、最終順位(1-4位)が決定。

というスケジュールで行われる。

ポイントは優勝12p、2位10p、3位9pで以下1ポイントずつ減っていき
12位以下が0ポイント。またこれとは別に予選で最速タイムをマークしたパイロットに
1ポイントが与えられる。

なお2008年以前の旧方式は、

予選上位の8選手によるノックアウト・トーナメント形式で争われる。
予選9位以下の選手ももう一度フライトを行い、最もタイムの良い選手に
シリーズ・ポイント1ポイントが与えられる。

というものだった。

出展:wikipediaより

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに関連するニュース

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに関連する動画

  • 該当する動画はございません