リノ・エアレースに関する「のうはう!」

ここは「リノ・エアレース」に関する記事を集めたカテゴリーです。

リノ・エアレースとは?

リノ・エアレース (正式名称:Reno National Championship Air Races & Air Show) は、アメリカネバダ州北西部にあるリノにおいて毎年9月に開催されるエア・レース。 1964年に始まり、現在継続して開催されるエア・レースの中で最も長い歴史を誇る。レースの合間に民間航空ショーや軍のデモンストレーション飛行なども行われる。

レースは、リノ市街地から北西16km にあるリノ・ステッド空港 (Reno Stead Airport) を起点とし、地表に置かれたパイロンを目印にしたオーバルコースを周回して行われる。2007年現在、6つのクラスに別れており、そのうち改造無制限のアンリミテッドクラスには、P-51Dマスタング、グラマンF8F ベアキャット、ホーカー シーフューリーなどの第二次世界大戦期の戦闘機がチューンされ参加し、最も高い人気を誇る。

■クラス

複葉機
 レース距離5.12km。エンジン出力200馬力前後、最高速度370km/h強

T-6
 レース距離8.14km。1930~60年代のアメリカの練習機T-6テキサンを無改造で使用。
 最高速度370km/h強

フォーミュラワン
 レース距離5.02km。このクラスに参加する航空機は、3.28Lの
 Continental O-200エンジンを使用。エンジン出力100馬力、最高速度400km/h強

スポーツ
 レース距離10.25km。5機以上生産された航空機キットと10.65Lのエンジンを使用。
 最高速度560km/h強

ジェット
 レース距離13.4km。指定された機種のジェット練習機を使用。
 最高速度725km/h以上。

アンリミテッド(無制限)
 レース距離13.65km。重量4,500lb以上(2,041kg)以上のレシプロ機であれば
 改造無制限。このクラスに参加する航空機は、一般的にP-51Dマスタング、
 ホーカー シーフューリー、グラマンF8Fベアキャットを改造したもの。
 エンジン出力は4000馬力にも及び、最高速度は800km/hを越える。

出展:wikipediaより

リノ・エアレースに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「リノ・エアレース」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「リノ・エアレース」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

リノ・エアレースに関連するニュース

リノ・エアレースに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

リノ・エアレースに関連する動画

  • 該当する動画はございません