クリケットに関する「のうはう!」

ここは「クリケット」に関する記事を集めたカテゴリーです。

クリケットとは?

クリケット(英: cricket、英語発音: /ˈkrikit/ クリキットゥ)は、半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われる野球に似た球技。全面芝のフィールドでプレイし、試合中にはティータイムもある。その優雅な雰囲気から、別名「紳士のスポーツ」といわれる。イギリスではラグビーと共に上流階級のスポーツとされており、名門校の体育の授業ではクリケットは必修種目とされている。

イギリスで発祥したスポーツであるため、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ジンバブエ、西インド諸島といった英連邦諸国では、ラグビーやサッカーと並び絶大な人気を誇る。日本での知名度はあまり高くないが、100以上の国と地域でクリケットが行われている。

競技人口はサッカーに次ぐ世界第2位ともいわれるが、これはインド人の多くが競技できるだろうという推定に基づくため、正確な競技人口は不明である。日本での競技人口は日本在住外国人を含めておよそ1,500人。

オリンピックでは1900年のパリ大会においてクリケット競技が1回だけ採用されたことがある。

野球と似たスポーツであり、投手が投げたボールを打者が打ち、打ったボールがフィールドを転がる間に打者が走って点を重ねるゲームである。

一方、野球との相違も多く、代表的な点としては

・投手は助走を付けられるが、肘は伸ばして投げなくてはいけない。
・打者は投げられたボールがノーバウンドであろうと、ワンバウンドであろうと構わず打つ。
・打者は全方位どこに向かって打ってもよい。
・後ろに立つ3本の棒(ウィケット、三柱門と書かれている時がある)に投球が当たるとアウト。
・3ストライクなどではなく、ウィケットに1球でも投球が当たればアウト。
・そのかわりアウトにならなければ、何球でも打者は打てる。
・打者はペアを組んで打撃し、投球をいくら見送っても良く、打って走らなくてもいい(但し、得点するためには走る)。

などの違いがある。

また、道具にも違いがあり、バットは棒形ではなく平たいオール型をし、グローブは捕手のみが着用を許され、両手に付けることができる。

出展:Wikipediaより

クリケットに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「クリケット」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「クリケット」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?