インディアカに関する「のうはう!」

ここは「インディアカ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

インディアカとは?

インディアカ (ドイツ語: Indiaca)はドイツで考案されたニュースポーツで、インディアカボールないしインディアカと呼ばれる羽根のついたシャトルコック状のボールを、ネットをはさんで相対した2チームが互いに手で打ち合う団体競技。ドイツを中心にヨーロッパ諸国および日本で競技されている。

■ルール
羽根のついたボール(正式名称は「インディアカボール」。日常的には「羽根」とか「インディアカ」と呼ぶ)を手(肘より先)を用いて4対4、国際インディアカ協会による国際ルールでは5対5で打ち合う。コートの広さはバドミントンのダブルスと同じである。

ルールはバレーボールによく似ており、サーブから始め、レシーブ・トス・アタックの三段構成で敵陣に3回以内でボールを返す。バレーボールと違うのは、片手で羽根を打たなければならないことや、肘より先以外の体の部位に羽根が触れると反則を取られること、1〜3打のいずれかにおいて羽根がネットに触れたら、4打までが有効打として認められることである。たとえば、アタックをネットに引っ掛けた場合においても、4打目に相手コートに羽根を返せば反則とならない。

最近では日本インディアカ協会が定めた新ルールが広まりつつある。旧ルールと新ルールの大きな違いは、前者が前衛2名後衛2名であるのに対して、後者は前衛3名後衛1名であることである。いずれのルールもローテーションは行われる。21点もしくは18点のラリーポイントで競うことが多い。大会によってはサイドアウト制や、時間制で行われることもある。ネットの高さは、旧ルールの場合男子・男女混合200cm、女子・シニア185cm、新ルールの場合男子・男女混合215cm、女子・シニア200cmが普通。

出展:Wikipediaより

インディアカに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「インディアカ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「インディアカ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?