キックベースボールに関する「のうはう!」

ここは「キックベースボール」に関する記事を集めたカテゴリーです。

キックベースボールとは?

キックベースボールは、子供の遊びの一種で、野球をサッカーボール(若しくはそれに近い大きさのボール)を使用して行う物である。略称は「キックベース」(本項も以降キックベースと記す)。「キーベー」、「ケッチ」とも呼ばれる。

野球とルールはほぼ同じ。投手はボールを投げるのではなく転がし、打者はこれを蹴って、野球で言う所のバッティングとする。又、投手が存在せず、打者が予め本塁に置かれたボールを蹴る、等の変型ルールも地方によっては存在する。

発祥は千葉県市川市で、子供会活動を通して普及したとされる。

1992年から1995年にかけてフジテレビ系列で放映された『夢がMORIMORI』(司会:森口博子、森脇健児、SMAP)では、芸能界等の著名人がチームを編成した「スーパーキックベースボール」のコーナーが人気を集めた。2005年には、日本テレビ系列の『ひらめ筋GOLD』でもキックベース対決のコーナーが設けられていた。さらに、『夢がMORIMORI』の後継番組でもある、『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ系、2006年4月3日放送)で11年ぶりに復活した。

■ルール
投げたボールがバウンドするとボールになる。このバウンドの基準はあいまいである。キックベースではボールを打つのではなく蹴るので、ボールの飛翔範囲は9人の守備範囲で充分カバー出来る為、本塁打は難しい。本塁打を狙ったキックをするとほぼフライになってしまう為、サッカーのフリーキックの様な、速くて且つ放物線を描かない直球的なキックが要求される。

守備側は、野球と違い、走っている打者、走者に直接ボールをぶつけてアウトとする事が出来る。塁に送球してもランナーを止める事にはなるが、挟む事は出来ないので、ドッジボールの能力(捕る・ぶつける)が守備側に要求される。

出展:Wikipediaより

キックベースボールに関する「のうはう!」記事(新着順)

陸上競技 脚の疲労軽減

投稿日:2011年10月15日|投稿者:milfyさん|コメント数(1)

自分が脚の疲労軽減のためにやっていることを紹介します。 1つは、毎日マッサージを欠かさず行なうということです。 これによって、筋肉を柔らかくします。でもやり過ぎは、禁物です。次の日に筋肉痛になったりします。 もう1つは、… »続きを読む

Athletics at the leg fatigue reduction

投稿日:2011年06月14日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introduce yourself doing leg fatigue mitigation for. One is that every single day massage done. The muscle sof… »続きを読む