ペタンクに関する「のうはう!」

ここは「ペタンク」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ペタンクとは?

ペタンク(Pétanque)とは、フランス発祥の球技である。名称は南フランス・プロヴァンスの方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来する。

地面に描いたサークルを基点として木製の目標球(ビュット)に金属製のボール(ブール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツである。
 
 

ゲームにはトリプルス、ダブルス、シングルスの形式がある。
 ・トリプルス(トリプレット triplette):3人対3人で各自2球のボールを投げる。
 ・ダブルス(ドゥブレット doublette):2人対2人で各自3球のボールを投げる。
 ・シングルス(テットアティット tête à tête):1人対1人で各自3球のボールを投げる。

■器具
ボール:直径7.05~8cm、重さ650~800g。材質はステンレスや鋼鉄などの金属製。
ビュット:直径30mm(±1mm)。材質は木製または合成物質。着色は自由。
メジャー(計測器具):2mくらいのもの・10mくらいのもの・20mくらいのものを用意する。
得点板:得点を掲示するもの。

■ゲームの進行
双方が全ての持ちボールを投げ終わり、得点を確認するまでを「メーヌ」と呼ぶ。

・まず、コイントスやじゃんけんによって先攻チームを決める。

・先攻チームはサークル(35cmから50cm)を描き、その中に立ってビュットを投げる。

・ビュットが有効範囲(一般的に6m以上10m以下)内であれば第1投目のボールを投げる。
・後攻チームは、先攻チームのボール(第1投)よりもビュットに近くなるようにボールを投げる。相手ボールよりもビュットに近くなるか、持ちボールをすべて投げ終えるまで投げ続ける。

・先攻のボールがビュットにかなり近くこれ以上近づけることが難しいときは、相手のボールを弾き飛ばす。これを「ティール」という。相手ボールを弾き自分のボールがその位置に止まるのが最上とされ、これを「カロー」という。

・ティールされた結果、自チームのボールが相手ボールより遠くなった場合、自ボールが相手ボールよりもビュットに近くなるまで持ちボールを投げ続ける。自らのボールを味方のボールに当ててビュットに近づけたりすることも許されている。

・自チームのボールが相手チームよりもビュットに近くなったら今度は相手チームが投げる。片方のチームが持ちボールをすべて投げ終わったら、もう片方のチームが持っているボールをすべて投げる。

・両チームが持ちボールをすべて投げ終えたら1メーヌの終了となり得点を数える。得点はビュットに一番近いチームが得ることができ、負けているチームの一番近いボールよりも近いボールの個数が得点になる。

・次のメーヌでは、前のメーヌで得点を取ったチームが先攻となり、前メーヌ終了時のビュット位置を中心に新たなサークルを描き、ビュットを投げて次のメーヌを開始する。

・メーヌを繰り返し、どちらかのチームが13点を先取した時点でゲーム終了となる。予選などは11点とすることができる。

出展:wikipediaより

ペタンクに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ペタンク」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ペタンク」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?