スカッシュ(スポーツ)に関する「のうはう!」

ここは「スカッシュ(スポーツ)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

スカッシュ(スポーツ)とは?

スカッシュ(Squash)とは、ラケットを用いるインドアスポーツのひとつ。

スカッシュは、四方を壁に囲まれたコートと小さいゴムの球を用いて行う
屋内球技であり、ラケットを使用する。
名称は球が握りつぶせる(squash)ことから来ている。
全ての打球は前方の壁に向かって打つ必要があり、そのほかの壁も全て利用することができる。
自分の得点となるのは、相手が、ボールを2度床にバウンドする前に
前方の壁に打ち返すことが出来なかった場合である。

原型は19世紀初頭のロンドン郊外にあるフリート監獄で、
囚人達が退屈しのぎに塀に囲まれた空間をラケットを使いボールを打ち合ったことによるものとされ、
これを後にスカッシュと呼ぶようになった(「クイズダービー」第589回(1987年5月9日放送分)の
1問目より)。テニス等のゲームの派生として存在しているが、
スカッシュは世界的なものになっており、スカッシュコートはアルゼンチン
ザンビアなどを含め148ヶ国に存在する。

コートが比較的狭く、ボールが弾まないことから、
ゲームはアメリカで行われる姉妹ゲームであるラケットボールよりもきつい内容のゲームになる。
ボールが行く先にはどこにでも追従する必要がある。
少なくとも480mmの高さに打ち返さないといけないので、勢いを殺すことはできない。
そのため打ち合いは長くなる傾向にある。初心者ほど高めにボールを打つ傾向がある。

スカッシュは有酸素運動として優れている。1時間スカッシュをすると700~1000kcalを消費するが、
これは他のスポーツと比べても特筆すべき多さである。
コートを駆け回ることで下半身を、ボールをラケットで打ち返すことで腕と上半身を使うことから、
全身の運動にもなる。

スカッシュには世界中にいくつかのバリエーションがある。
アメリカでは硬式シングルスダブルスがあり、これは硬球を使うこととコートのサイズが違っている。
硬式シングルスは廃れつつあるが、ダブルスはなお盛んである。
広めのコートと通常の球を使うダブルスも、これとは別に存在する。

出展:wikipediaより

スカッシュ(スポーツ)に関する「のうはう!」記事(新着順)

陸上競技 脚の疲労軽減

投稿日:2011年10月15日|投稿者:milfyさん|コメント数(1)

自分が脚の疲労軽減のためにやっていることを紹介します。 1つは、毎日マッサージを欠かさず行なうということです。 これによって、筋肉を柔らかくします。でもやり過ぎは、禁物です。次の日に筋肉痛になったりします。 もう1つは、… »続きを読む

Athletics at the leg fatigue reduction

投稿日:2011年06月14日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introduce yourself doing leg fatigue mitigation for. One is that every single day massage done. The muscle sof… »続きを読む

スカッシュ(スポーツ)に関連するニュース

スカッシュ(スポーツ)に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

スカッシュ(スポーツ)に関連する動画

  • 該当する動画はございません