重量挙げ(ウエイトリフティング)に関する「のうはう!」

ここは「重量挙げ(ウエイトリフティング)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

重量挙げ(ウエイトリフティング)とは?

重量挙げ(じゅうりょうあげ)は、バーベルを両手で頭上に持ち上げ、その重さを競うスポーツ。ウエイトリフティング(Weightlifting)とも呼ぶ。

体重別に階級分けされており同じ階級内で記録を競う、種目は「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の二つがあり、それぞれ3回ずつの試技を行い、各種目の最高挙上重量の合計(トータル重量)で順位を決める。ただし、いずれかの種目、もしくはどちらの種目でも3回連続で失敗するとトータル記録は0kgとなり、失格となる。試技には制限時間があり、基本的には1分、高校生の大会では30秒であることが多い。制限時間以内にバーベルを膝より上に離床できないとその試技は失敗になる。しかし、制限時間が数秒であったり残り少ない場合はタイムキーパーと呼ばれる審判の判断で、膝を通過していなくてもバーベルが床を離床した瞬間に制限時間を止める場合もある。トータル重量のみを争うオリンピックなどでは、スナッチ競技で失格になるとクリーン&ジャーク競技には参加できない。

バーベルを頭上に持ち上げて静止し、3人の審判の中2人が「降ろせ」の合図を出すまで降ろしてはならない。その際、自分の腰の位置まで手を添えて体の前面に降ろさなくてはならない。また確実にプラットフォーム上に降ろさなければならない。

試技の順番は申告した重量の低い選手から行い、同重量の場合は事前に抽選をしてある抽選番号に従う。バーベルは1kg刻みで増量できる。試技に失敗した場合は同じ重量で再度試技することができる。重量を申告した後でも2回まで重量変更が行える。重量変更を行う場合は制限時間30秒前のファイナルコール以前に行わなければならない。制限時間が30秒の試合では選手名をアナウンサーにコールされた時点で重量変更はできなくなる。同記録の場合は体重が軽い者が上位となる。同記録・同体重の場合は先にトータル記録を成立させた者が上位となる。

検量は試合開始2時間前から60分間行われる。体重に過不足があった場合に限り制限時間内に何度でも再検量が許されている。

現在国体・インターハイ等学生大会も毎年行なわれ盛況である。因みに全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会は第52回(2005年)を数え、男子優勝は日本大学・2位法政大学・3位明治大学 女子優勝早稲田大学・2位日本体育大学・3位立命館大学であった。(女子の部は1999年度から実施)

平成20年度第54回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会は、男子団体優勝九州国際大学・2位早稲田大学・3位日本大学、女子団体優勝金沢学院大学・2位平成国際大学・3位立命館大学である。

出展:wikipediaより

重量挙げ(ウエイトリフティング)に関する「のうはう!」記事(新着順)

【座席表】国立代々木競技場第二体育館(東京都)

投稿日:2011年10月26日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

国立代々木競技場第二体育館の座席表を紹介します。 国立代々木競技場第二体育館 座席表 ●座席詳細ファイル ※PDFファイル http://naash.go.jp/yoyogi/Portals/0/yoyogi/pdf/%… »続きを読む

【座席表】東京体育館(東京都渋谷区)

投稿日:2011年09月11日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

東京体育館の座席表を紹介します。 東京体育館周辺の駐車場はこちら 東京体育館 座席表 http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=21:P42=1510120:P0=GGWC01:P6=001:… »続きを読む

[Seating chart: Tokyo gym Shibuya-ku, Tokyo

投稿日:2011年08月19日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introducing the Tokyo gymnasium seating. Click here for parking around the Tokyo Sports Hall Tokyo sports cent… »続きを読む

[Seating chart] national Yoyogi athletic field second Gymnasium Tokyo

投稿日:2011年06月07日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

National Yoyogi athletic field II introduces the gymnasium seating. National Yoyogi athletic field II sports c… »続きを読む