武蔵野うどんに関する「のうはう!」

ここは「武蔵野うどん」に関する記事を集めたカテゴリーです。

武蔵野うどんとは?

武蔵野うどん(むさしのうどん)とは、埼玉県(主に西部)から東京都多摩地域(かつての武蔵国の入間郡と多摩郡)に伝わる独特の製法で作られたうどんのことである。この地域では「手打ちうどん」と呼ばれる。

多摩地域から埼玉県入間郡にまたがる武蔵野台地ではかつては水が乏しく米があまり取れず、うどんが人々の主食であった。貴重な米を食いつなぐため、夕飯はうどんなどの小麦主食の文化地帯であり、そのため以前は当たり前に各家庭で手打ちうどんを打つ習慣があった。もともと郷土料理であるため、使用される小麦粉は武蔵野台地で生産されたものを使用するのが原則(地産地消)で、かなり強いコシ(固さ)がある。一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。食感は力強い物で、つるりとはしていない。食するときには麺は、ざるに盛って、「ざるうどん」もしくは「もりうどん」とする。つけ麺の汁は、かつおだしを主としたものにシイタケ、ゴマなどを具として混ぜたものを、温かいまま茶碗ないしそれに近い大きさの器に盛る。ねぎや油揚げなどの薬味を好みで混ぜ、汁をうどんにからませて食べる。豚肉の細切れを具にしたメニューの「肉汁うどん」などは明治時代中期以降の食べ方で、商業化された「武蔵野うどん」の店舗では「肉汁うどん」が「武蔵野うどん」であるかのように近年売り出しているが、「武蔵野うどん」とは武蔵野地方で「手打ちうどん」と呼ばれるコシの強いうどんの麺を指す用語である。天ぷらうどんのような食べ方は元々なく、「糧(かて)」と呼ばれる具(主に茹でた野菜)が付く程度である。 武蔵野台地では江戸時代はうどんはハレの日の行事食でもあり、旧家では現在でも冠婚葬祭などの祝い事、親戚集まりには(細く長く良い事が続くように)うどんを出す事が多い。

出展:wikipediaより

武蔵野うどんに関する「のうはう!」記事(新着順)

How to make kamatama Japanese noodles.

投稿日:2011年12月30日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

How to make easy kamatama Japanese noodles. Steps A udon ball is boiled. Boiled udon are piled in a vessel. An… »続きを読む