宇宙(Cosmos)に関する「のうはう!」

ここは「宇宙(Cosmos)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

宇宙(Cosmos)とは?



宇宙(うちゅう、Universe, Cosmos)とは、以下のように定義される。
  1. 広義には、森羅万象(あらゆる物事)を含む全ての存在。天地の全体、「世界」の意味。
  2. 「コスモス」。哲学や宗教など、何らかの観点から見て、秩序をもつ完結した世界体系。
  3. 狭義には、天文学的・物理学的にみた「宇宙」。英語cosmos。この意味では、
    「観測可能な宇宙」を指すこともあり、「観測可能な空間」の外側に広がる空間的に繋がった
    広大な宇宙全体を指すこともある。
  4. 宇宙の中でも、特に地球寄りの空間を除外したもの。
    英語outer space「宇宙空間」の意味。地球の大気圏外の空間。
  5. 地球の地上約100km以上、上空の空間のこと

「宇宙」という言葉の確定した起源や意味は不明だが、次のような説がある。

  ・「宇」は「天地四方上下」(つまり上下前後左右、三次元空間全体)「宙」は
   「往古来今」(つまり過去・現在・未来、時間全体)を意味し、「宇宙」で
   時空(時間と空間)の全体を意味する(漢代の書物・「淮南子斉俗訓」)。

  ・「宇」は「天」、「宙」は「地」を意味し、「宇宙」で「天地」のことを表す。

それぞれの観点から見た場合の「宇宙」の定義には、以下のようなものがある。

哲学的・宗教的観点から見た場合、宇宙全体の一部でありながら全体と類似したものを
「小宇宙」と呼ぶのに対して、宇宙全体のことを「大宇宙」と呼ぶ。

天文学的観点から見た場合、「宇宙」はすべての天体・空間を含む領域をいう。
銀河のことを「小宇宙」と呼ぶのに対して「大宇宙」ともいう。

一説には観測できる領域は宇宙の地平線の内側に限定されるが、
大宇宙はそれよりはるかに大きいと考えられている。

物理学的観点から見た場合、「宇宙」は物質・エネルギーを含む時空連続体のまとまりである。

現代物理学における「宇宙」は、物理学的な「世界」全体ではなく、生成・膨張・収縮・消滅する
物理系の一つである。理論的には無数の宇宙が生成・消滅を繰り返しているとも考えられている。

「地球の大気圏外の空間」という意味では、国際航空連盟(FAI)の規定によると高度100km以上のことを指す。
アメリカ軍では高度50ノーチカルマイル(92.6km)以上の高空を「宇宙」と定めている。

出展:wikipediaより

宇宙(Cosmos)に関する「のうはう!」記事(新着順)

【天体観測】圧倒的な赤の星『ガーネット・スター』

投稿日:2012年04月12日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

その赤さからガーネットの名を冠した星『ガーネット・スター』。双眼鏡でも見られるので見てみてはいかがでしょうか? ケフェウス座の五角形の底辺から少しはみ出したところに『ガーネット・スター』はあります。4等級のため、都会など… »続きを読む

【天体観測】自分の星座を見よう(いて座)

投稿日:2012年04月03日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

夜空を見上げ、自分の星座を探して見ませんか? 7月からはいて座が見えます。 南天の天の川の中にある半人半馬の姿、これがいて座です。野蛮なケンタウロスの中で賢いケイローンの姿と言われています。 いて座を探すなら、メインとな… »続きを読む

【天体観測】双眼鏡で夜空をみるコツ

投稿日:2012年03月22日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

天体望遠鏡なんて中々使える機会はありません。しかし、双眼鏡ならどの家庭にも一つくらいはあるでしょう。買うにしても手頃です。これで夜空を見てみましょう。 夜空を肉眼でみてもやはり限界があります。そこで双眼鏡の登場です。 さ… »続きを読む

【天体観測】最も明るい星 シリウス

投稿日:2012年03月19日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

冬の夜空で最も明るい星は探してみてください。それこそがシリウスです。 冬の夜空で白くギラギラと一番の輝きを放つおおいぬ座のシリウス。 便宜上は1等星という扱いですが、それは単に1等星までしかランク分けがないため。実際は-… »続きを読む

【天体観測】天の川を見よう

投稿日:2012年03月01日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

天の川なんてどこでも見られるなんて思ってませんか? 人口の灯りが少ない場所で空を見上げて見てください。きっと圧巻ですよ。 天の川。まさに星々が川のように見える美しい光景ですね。 日本では、夏と冬に天の川が南北に、頭の上を… »続きを読む

【天体観測】冬のダイヤモンド(1等星)

投稿日:2012年02月21日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

冬の夜空に浮かぶ星々が作るダイヤモンド。冬の夜空は綺麗なので探してみませんか? 星座を形作る星々の中で特に強い輝きを放つ1等星。なんと冬の夜空を見上げると7個もの1等星を見ることができるんです。それはそれはとても綺麗でし… »続きを読む

【天体観測】オリオン座のペテルギウスを見よう

投稿日:2012年02月13日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

オリオン座の中で異色を放つペテルギウス。冬の空で探して見ませんか? オリオン座の星々は青白いものが多いです。その中において赤く光るペテルギウスはとても目立ちます。 ペテルギウスはオリオン座の左上にあります。1等星で赤く光… »続きを読む

バレンタインに最適!?面白いチョコレート

投稿日:2012年02月09日|投稿者:Lantanaさん|コメント数(2)

皆さんはバレンタイン、どんな風に過ごしますか? 手作りチョコレートや美味しいと評判のチョコレートもいいですが、もらった方たちのいつもとは違う反応が見られそうな、一味違った面白いチョコレートはどうでしょう? 恐竜の形をした… »続きを読む

【天体観測】自分の星座を見よう(さそり座)

投稿日:2012年02月08日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

夜空を見上げ、自分の星座を探して見ませんか? 6月からはさそり座が見えます。 さそり座といえば、1等星のアンタレスが有名ですね。 天の川が一番太くなっているあたりの西岸にある赤い1等星こそがアンタレスです。アンタレスはさ… »続きを読む

【天体観測】2012年6月の部分月食を見よう

投稿日:2012年02月02日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

2012年6月に部分月食が見られます。仕事帰りに空を見上げてみてはいかが? 2012年6月4日(月)に部分月食があります。それも全国で見られます。 開始時刻は全国同じで18痔59分。仕事帰りに丁度見られますね。 月は少し… »続きを読む