月(Moon:衛星)に関する「のうはう!」

ここは「月(Moon:衛星)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

月(Moon:衛星)とは?

月(つき、Moon)とは、地球を回る天体で、(地球から見て)太陽に次いで明るいそれのことである。古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(=太陽)に対して月輪(がちりん)とも言った。

太陽系の中で地球に最も近い自然の天体であり、人類が到達したことのある唯一の地球外天体でもある(「アポロ計画」を参照)。

地球から見える天体の中では太陽の次に明るく、白色に光って見えるが、これは自ら発光しているのではなく、太陽光を反射したものである。

英語では Moon(ムーン)、ラテン語では Luna(ルーナ)、サンスクリット語では चंद्र(チャンドラ) と呼ばれる。古くは太陽に対して太陰ともいった。漢字の「月」は三日月の形状から生まれた象形文字が変化したものである。日本語では「ツキ」というが、奈良時代以前は「ツク」という語形だったと推定されている。

また「月」は、広義には「ある惑星から見てその周りを回る衛星」を指す。例えば、「フォボスは火星の月である」などと表現する。

月は天球上の白道と呼ばれる通り道をほぼ4週間の周期で運行する。白道は19年周期で揺らいでいるが、黄道帯とよばれる黄道周辺8度の範囲に収まる。月はほぼ2週間ごとに黄道を横切る。

恒星が月に隠される現象を掩蔽、あるいは星食という。惑星や小惑星が隠されることもある。一等星や惑星の掩蔽はめったに起こらない。天球上での月の移動速度は毎時0.5度(月の視直径)程度であるから、掩蔽の継続時間は長くても1時間程度である。

暦と月の関係は近代に至るまで密接であった。月の《満ち欠け》をもとに決めた暦は太陰暦と言い、地球から月を見ると月の明るい部分の形は毎日変化し約29.5日周期で同じ形となっており、この変化の周期をもとに暦を決めたものである。歴史的に見ればもともと太陰暦を採用していた地域のほうが多かったのであり、現代でも太陽暦と太陰暦を併用している文化圏はある。月を基準に決めた暦というのは、漁師など自然を相手に仕事をする人々にとっては日付がそのまま有用な情報をもたらしてくれるものである。日本でも、明治5年までは太陽太陰暦を主として使用していた。明治5年に公的な制度を変えた段階でこれを「旧暦」と呼ぶようになったが、その後も長らく旧暦のカレンダーは販売され、両方を併用する人々は多かった。

日本語では暦を読むことを「月を読む」「ツキヨミ(ツクヨミ」「月読」と言った。暦と言えば近代まで太陰暦であったため、暦を読むとはすなわち月を読むことであった。[2]

出展:wikipediaより

月(Moon:衛星)に関する「のうはう!」記事(新着順)

【天体観測】2012年6月の部分月食を見よう

投稿日:2012年02月02日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

2012年6月に部分月食が見られます。仕事帰りに空を見上げてみてはいかが? 2012年6月4日(月)に部分月食があります。それも全国で見られます。 開始時刻は全国同じで18痔59分。仕事帰りに丁度見られますね。 月は少し… »続きを読む

【天体観測】2012年の金環日食

投稿日:2012年01月21日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

2012年、日本で金環日食が見られるんですよ。 金環日食とは、太陽が環になって見える、非常に珍しい現象です。 なんと、これが2012年5月に日本で見られるというのです。しかも、東京や大阪など太平洋側を中心とした広い範囲で… »続きを読む

【天体観測】バイヤー符号って?

投稿日:2012年01月17日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

星の名前にαやβといったギリシャ文字がついてるものがあります。あれってなんなのでしょうか? ~~星αとか~~星βとかついているものがたまにありますよね。あれってなんなの? って思ったことありませんか? あれは恒星の呼び方… »続きを読む

【天体観測】88星座

投稿日:2012年01月17日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

夜空に浮かぶたくさんの星座。でも多いようでいて、実は88しかないんです。中には南半球ですら見えない星もあるので思っている以上に少ないんですよ。 星がたくさんあるのだから、星座もたくさんの数がある…… と思いそうですが、実… »続きを読む

【天体観測】基準となる星座を覚えよう

投稿日:2012年01月16日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

早見盤や星図などがあっても、はじめのうちは夜空を見上げたくらいじゃ星座なんてわかりません。まずは基準となるわかりやすいものを覚えてしまいましょう。 夜空を見上げて、あれが何で、これが何とすぐに分かる人がいます。でも、素人… »続きを読む

【天体観測】双眼鏡で星を見よう

投稿日:2012年01月16日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

天体観測初心者なら、まずは手軽な双眼鏡で星を楽しんでみてはいかがでしょうか? 天体観測というと天体望遠鏡……というイメージがあるでしょう。しかし、天体望遠鏡というのはとにかく高いです。初心者には敷居が高すぎです。なので、… »続きを読む

天体観測にあると便利なもの

投稿日:2012年01月15日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

天体観測に使えるものをご紹介します。なくても平気ですが、あるならべんりですよ。 方位磁石 天体観測をするのは山の中がメインになります。しかし、そうなると方向というのは意外にわからないもの。星座を見つけるためにも方向が分か… »続きを読む

【天体観測】星を見る前に準備をしよう

投稿日:2012年01月15日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

星を見る前に準備は必須です。 星を見る前に、どんな星座が見えるのかなど、前もって準備をしておきましょう。 ・季節によって星座は違ってきます。星座早見盤などで前もって調べておきましょう。 ・星座の形をイメージしておきましょ… »続きを読む

【天体観測】見る場所は重要です

投稿日:2012年01月15日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

天体観測を始めるにあたって、場所選びはとても大事です。 天体観測を始めるにあたって、なにはなくとも観測する場所は決めておいたほうが良いです。 明るい場所では星空が見えない、暗くても危険な山道を進まないといけないのはやめた… »続きを読む

【天体観測】プラネタリウムで予習しておこう

投稿日:2012年01月15日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

天体観測を初めて行っても、どこに何があるかなんてわからないものです。単純に星空を楽しむならそれでも良いのですが、予習してみるのもいいのではないでしょうか? 星空を見上げたからといって、すぐにどこに何という星座があるかなん… »続きを読む