バイアスロン競技に関する「のうはう!」

ここは「バイアスロン競技」に関する記事を集めたカテゴリーです。

バイアスロン競技とは?

バイアスロン(biathlon)とは、二種競技のこと。ラテン語で「2」を意味する接頭辞bi-にathlon(競技)を合成した造語。一般にはクロスカントリースキーと、ライフル射撃を組み合わせた冬の競技が有名だが、ランニング・自転車・ランニングを通しで行う夏の「バイアスロン」も存在する。

■歴史
バイアスロンの原型は、スキーで野を駆け回り、銃で獲物を撃つ冬の狩猟であり、これが後に雪中戦や森林警備隊の技術として用いられるようになった。競技としては、18世紀後半にスウェーデンとノルウェーの軍人が行ったのが始まりといわれている。

その後1861年になって、ノルウェーで、それまでの狩猟や戦闘技術として用いていたことを、スポーツとして行い、民間レベルの国家防衛力向上のために世界初のスキークラブ、トリンシルライフル・スキークラブが設立された。

競技としては、1924年シャモニー冬季オリンピックで軍事偵察競技(ミリタリーパトロール (military patrol) )というスキー登山も含めた競技が公開競技として行われた。その後、オリンピックで3回行われた以降は実施されていない。

その後のオリンピックで、男子は1960年スコーバレー冬季オリンピック、女子は1992年アルベールビル冬季オリンピックから正式種目となった。現在に至るまで、多くのルール改正があったが、一番大きなものは1976年に30口径ライフル弾を使用する大口径銃(射距離150m)から22口径競技用ライフル弾を使用する小口径銃(射距離50m)に変わったことである。

■解説
競技種目は、個人(インディビジュアル)、個人追い抜き(パシュート)、短距離(スプリント)、リレー、ミックス(男女混合)リレー、マススタート(一斉スタート)、スーパースプリントクオリフィケーションファイナルの7種から成る。

ライフル射撃は射撃位置と的の間が50mあり、スキーで走り込んでから射撃を行う。この際、心拍、呼吸ともに乱れた中での精密射撃が求められる。2010年バンクーバー冬季オリンピックでは、「マタギの孫娘」という冬季戦技教育隊の鈴木芙由子が競技歴3年でありながら出場したことからも、射撃の才能が必須の競技といえるが、オーレ・アイナル・ビョルンダーレンのように、高くない射撃の得点をスキーで挽回する選手もおり、本人の特質にあったやり方が重要である。

銃を扱うことから、世界的に見ても競技者は軍隊、警察、国境警備隊等に所属している競技者が多いが、ヨーロッパにおいては民間人や、賞金レースで稼ぐプロの競技者も多い。特に発祥とされる北欧諸国では、シーズン中は毎週のようにレースがあるなど環境が整っているため、競技者の量、質共に充実している。

なお、バイアスロンは国際スキー連盟には属さず、オーストリアに本部を置く国際バイアスロン連合という独自の組織を持つ。

出展:Wikipediaより

バイアスロン競技に関する「のうはう!」記事(新着順)

ウィンタースポーツを楽しむ

投稿日:2011年09月23日|投稿者:satoruさん|コメント数(1)

ウィンタースポーツを楽しむには、寒さに強くなくてもよいです ウィンタースポーツというと、冬に行いますので、寒いイメージがあります。 確かにスキーなどをするには、雪山へいきますので、防寒対策が必要ですが、 すべてのウィンタ… »続きを読む

スノーシューと歩くスキーはどちらがいい?

投稿日:2011年09月21日|投稿者:satoruさん|コメント数(2)

スノーシューも歩くスキーもどちらも歩ける。では、その違いはなにか、そしてどちらが楽しいか 私の場合スノーシューはハイキング気分というよりも 一種トレーニングに近いと思っています。 急な斜面も登れるし、もちろん平地もいけま… »続きを読む

Enjoy winter sports

投稿日:2011年08月22日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Even without strong cold to enjoy winter sports, is a good Tot said, because they do in the winter, cold image… »続きを読む

Both skiing and Snowshoe walking is good?

投稿日:2011年07月22日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Walk or Snowshoe walking ski. Or, the difference or something, and neither is fun Snowshoe hiking mood and say… »続きを読む