スキーを楽しむ方法【持ち物・服装編】


スキーに誘われたけど、行った事もほとんどなくて
何を持っていけばいいのか、どういった服装でいけばいいのか分からない!
そんな時のために持ち物リスト、服装リストをつくってみました。

なるべく新しく購入せず、レンタル優先の場合の持ち物リストになります。


スキー場でレンタル可能なもの

  • スキー板
  • ストック
  • スキーウェア上下

必要な持ち物

    <レンタルできる可能性があるもの>
  • 帽子(耳まで隠れるもの)
  • ゴーグル
  • グローブ(手袋)
  •  →レンタルできるとは思いますが、
     肌に触れるものなので自分で用意したほうが良いかもしれません。
    <用意が必要なもの>
  • ハンカチorミニタオル
  • ポケットティッシュ
  •  →寒さで鼻水が出たときのため。
  • 日焼け止め
  •  →陽が反射して照り返しが強く、思った以上に日焼けしやすいです。
  • リップクリーム
  • カイロ
  • 絆創膏
  •  →マメ防止になります
  • リフト券ホルダー(なくてもOK)
  • 小銭入れ

服装

  • インナー
  •  →長袖ヒートテックなど、化繊のものの上に、タートルネックシャツ、
      フリースなどを着るといいと思います。天気によって寒暖の差があるので
      脱ぎ着の調整ができると良いと思います。
  • ネックウォーマー
  •  →マフラーのようにほどけないですし、首から冷気が入ることを防げます。
  • タイツ
  •  →タイツだけで寒そうな場合、ジャージなどを重ねてもOKです。
  • 靴下
  •  →スキー用の厚手の靴下がいいですが、ない場合は重ね履きで代替できます。
  • 替えの下着、靴下
  •  →汗をかいたり、雪が染みて濡れることがあるので、必要です。

ポイント

とにかく、寒さ対策はしっかりしていくと、気持ちよくスキーができると思います^^


注目情報

この記事について共有してみる?

mixi Check Clip to Evernote
この「のうはう!」をはてなブックマークに追加この「のうはう!」をdel.icio.usに追加この「のうはう!」をLivedoor Clipに追加この「のうはう!」をYahoo!ブックマークに追加この「のうはう!」をFC2ブックマークに追加この「のうはう!」をNifty Clipに追加この「のうはう!」をPOOKMARK. Airlinesに追加この「のうはう!」をBuzzurl(バザール)に追加この「のうはう!」をChoixに追加この「のうはう!」をnewsingに追加

コメントは下記よりどうぞ!

コメントを残すにはログインが必要です。

コメント